80年代洋楽ヒット曲集

HOME INDEX CHARLENE (シャーリーン)



amazonでの ”CHARLENE” 検索結果
タワーレコードでの ”CHARLENE” 検索結果
楽天ダウンロードでの ”CHARLENE” 検索結果

I'VE NEVER BEEN TO ME(愛はかげろうのように)

愛はかげろうのように

'86年、椎名恵が「LOVE IS ALL 〜愛を聴かせて〜」としてカヴァー。TVドラマ「おんな風林火山」の主題歌として使われました。
なお、椎名恵つながりで間違えやすいのは、同じく'86年の椎名恵のカヴァー「愛は眠らない」は、TVドラマ「花嫁衣裳は誰が着る」の主題歌でしたが、こちらのオリジナルはオリビア・ニュートンジョンの「そよ風の誘惑 - Have You Never Been Mellow」 で、もう一つ間違えやすいのは、、小林明子のデビュー曲「恋におちて -Fall in love-」で、こちらはTVドラマ「金曜日の妻たちへ」の主題歌として使われています。これ、試験にでます(そんな試験ありません。笑)。さて、そんな冗談はさておき・・・
この曲は、'77年発表の曲ですが、'82年になってフロリダのDJが気に入って何度も流したところヒットし、再リリースとなったそうです。また、この歌が最初につくられたときも、作詞のロン・ミラーがもともと男性用につくっていたこの曲を、シャーリーンの半生を聞き、彼女のために詞を書き直したそうで、この歌詞をはじめて読んだときシャーリーンは涙がこぼれて止まらなかったといいます。〜Hey lady, you lady. Cursin' at your life.(貴女、そう、貴女のことですよ。人生には不満がいろいろとあることでしょう。)・・・と優しく呼びかけるような歌い出し。そして歌が盛り上がっていくのは〜I've been to Georgia and California. And anywhere I could run.(ジョージア、カリフォルニア、とにかく私は駆けずり回ったわ。)・・・彼女の半生を知り、この歌のエピソードを聞くと、せつなくて、涙なしでは聴けない曲です。




他のアーティスト、曲名リストは → INDEX をどうぞ。

PROFILE

'50年、ロサンゼルス生まれ。幼い頃から病弱。16歳で退学、17歳で結婚、出産。麻薬に溺れまもなく離婚。信仰によって立ち直り、子供の頃からの夢であった歌手を目指す。デビュー後もなかなかヒットに恵まれなかった苦労人。


DISCOGRAPHY